gmo光コラボ|一番得するプロバイダ|

結局のところどこが一番最強のプロバイダなのか?

ドコモ光の導入を検討している人は、とにかく安くて、回線が安定していて、キャッシュバックが確実に受け取れるところを選びましょう。

当サイトでは長年にわたってとある光回線の営業担当をしていた管理人の私が、ドコモ光で最優秀のプロバイダーを選び抜きたいと思っております。

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックキャンペーンが高額でも申請が複雑で受け取れなかったみたいなことにならないように、当サイトを参考にしてください。

ドコモ光で最強のプロバイダはなんといっても「GMOとくとくBB」

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

大量にあるプロバイダの中でなぜGMOとくとくBBが一番得するのかといえば、確実にもらえるキャッシュバックや、月額が安くなるキャンペーンの豊富さ、回線の安定性などが口コミでピカイチだからなんです。

なお、ドコモ光と契約するときは代理店を使うのはおすすめできません。

代理店などからドコモ光を申し込むと、手続きが複雑になっていてキャッシュバックがもらえなかったりします。

詳しくは当サイトの別の章で解説しています。

ドコモ光を検討中で、GMOとくとくBBから申し込みたいという人は、下記のページから申し込めば簡単にキャッシュバック手続きを済ますことができます。

プロバイダを比較することによって得られるメリットとは?

ドコモ光のプロバイダを変えると具体的に何が変わるのかを見ていきましょう!

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

回線の月額料金、ダウンロードスピード、端末が無料かレンタルか、キャッシュバックの金額など。

何を根拠に選んでいけばいいのか一つずつ見ていきましょう。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

まずそもそも、ドコモ光はプロバイダによって月額料金が変動します。

それぞれの料金と対応しているプロバイダは以下になっているのでご覧ください。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

上記の料金の差額は、ドコモ光とプロバイダがどういう契約体系で契約しているかによります。

正直言ってどちらのタイプを選んでも回線速度やオプションなどに違いはありませんので、安い方を選んだ方がいいに決まっています。

毎月数百円の違いだったとしても、年単位で考えると数千円以上の差額になります。なので、プロバイダはタイプAから選んだ方がいいでしょう。

上記にはないタイプのプロバイダでも契約できますが、月額料金はもっと高くなるのでおすすめしません。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

次のポイントとして、回線速度はどれくらいのスピードが出て、快適性はどれくらいあるのかをチェックしましょう。

そもそもドコモ光の最高速度というのは最大で1Gbpsとなっていますが、これはベストエフォートといって理想的な数値に過ぎません。

インターネット回線の本当の回線スピードを知るためには、実際の利用者の口コミなどを見るのが信頼に値すると思います。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上の一覧のようにドコモ光はプロバイダによって約100Mbpsくらいも平均速度が違ってきます。

なぜこういった違いが生まれるのかというと、最新規格に準拠しているプロバイダかどうかなんです。

他にもWi-Fiルーターの端末の最新機種を使っていたり、プロバイダの設備などによっても違いが生まれます。

選び方3 機器が無料かどうか

次の選び方のポイントとして、端末が無料で使えるかどうかをチェックしましょう。

現在はほとんどの人がスマホでフリースポットのWi-Fiなどを使っていると思います。

プロバイダによってはWi-Fiルーターの端末を無料でもらえるところと、自分で用意しないといけないところがあります。

Wi-Fi端末を無料で貸し出してくれるプロバイダには次のようなものがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットでは端末をレンタルすると毎月約300円、購入すると7000円くらいかかってしまいます。

ルーターは種類が多くて、間違ったものを選ぶと回線速度が落ちてしまったり、安定しなかったりします。

ルーターやWi-Fiなどメカには詳しくないという人は、無料で最新機種を貸し出してくれるところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックが高いかどうか

最後のプロバイダ選びのコツとしては、キャッシュバックでいくらもえるかです。

プロバイダ各社のキャッシュバックを比較してみたのでご覧ください。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これら以外のプロバイダで契約したとしてもキャッシュバックはもらえません。

プロバイダ各社どこを選んだとしても、ドコモ光の月額料金基本プランや最高速度などは違いがありません。なので、一番得するところを選びましょう!

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の上位のプロバイダを比較してみました!

上記のプロバイダの選び方4つを踏まえた上でのプロバイダ比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべてを踏まえて一番おすすめのプロバイダはやはり「GMOとくとくBB」ですね。キャッシュバックも高額な部類に入って、回線速度も速くて、端末も無料です。

最近のコロナでテレワークやオンライン会議など、安定的な高速インターネット環境というのはとても重要な要素になってきています。

ネット環境はなるべく高速で安定していることが大切だといえるでしょう!

ドコモ光で最強のプロバイダはダントツでGMOとくとくBBでした!

ドコモ光のプロバイダの中で一番最強なのは、回線の速度が速くてキャンペーンなども豊富に行っている「GMOとくとくBB」です。

パソコンだけでなくてタブレットやゲーム機などでもWi-Fiを使いたい人のために、高速の最新機種をレンタルしてくれます。

GMOとくとくBBは公式サイトから申し込むことにより高額キャッシュバックなどの特典を受け取ることができます。

GMOとくとくBBの実際の具体的なメリットとは

メリット1 スピードが安定していて速い!

GMOとくとくBBでは、毎月サイト上で実際のユーザーの実測値を後悔していて、最新のものだと下りが平均で340Mbps、上りが300Mbpsとなっていて、かなり高速ですね。

GMOとくとくBB以外の競合他社のプロバイダを見てみると、実際の生データなんて公開していないので、どれだけ自信を持っているかがわかりますね。

いろいろなサイトの口コミ情報をチェックしてみると、800Mbpsを超える人も多数報告されていました。

GMOとくとくBBに直接、なぜこんなにも回線速度が速くて安定しているのか問い合わせて見たところ、設備投資をかなりしているとのことです。

他にも、プレステやスイッチなどのゲーム機でも快適に使えるという口コミがたくさん寄せられています。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは実際に購入すると1万円以上もする高級なWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれます。

この高級なWi-FiルーターはGMOとくとくBBの方で初期設定が終わった状態で届くのですぐ使うことができるのです。

機材に詳しくない人やパソコンの設定が面倒だというひとは、この設定済みはとてもいいですよね。

工事の日程が決定すると、電話でルーターレンタル手続きの案内がかかってきます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すると、オプションを一切つけずに2万円の現金をもらうことができます。

GMOとくとくBBと同額の2万円のキャッシュバックをもらえる@niftyでは、なんと光テレビやスカパーなどのオプションを付かなければ2万円をもらうことはできません。

また他にも、dポイントや家電量販店のキャッシュバックは利便性が悪いのでおすすめできません。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBのデメリットについて

デメリット1 回線速度が遅くなるときもある

回線速度が超高速だと有名なGMOとくとくBBですが、たまには遅くなってしまうこともあります。

インターネットのスピードはその住宅が建っている立地や部屋の場所や周辺のマンション構造などによっても大きく違ってくるので、実際に回線を引き込んで使ってみるまではわからないこともあります。

とはいっても、せっかく光回線を導入したわけですから、なるべく遅かったり不安定なのは避けたいですよね。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

GMOとくとくBBの回線速度が遅いときは、v6プラスで接続できているかチェックできるサイトにアクセスして、v6プラスで接続されているかを確認しましょう。

v6プラス接続というのはそもそも、GMOとくとくBBから無料でレンタルできている、Wi-Fiルーターの端末でインターネットに接続すると自動的につながっています。

v6プラス接続を実際に利用しているお客さんの口コミを見てみると、かなり早くなったという口コミをよく見かけますね。

v6プラスがチェックできるサイトで確認してみて、v6プラス接続になっているのにもかかわらず、回線速度が不安定な場合は、ルーターの電源を切ってから入れ直してみるというのもおすすめです。

デメリット2 キャッシュバック手続きのメールに注意

GMOとくとくBBは、光回線が開通後4ヶ月目にキャッシュバックの申請ができるメールが送られてきます。

キャッシュバック案内通知のメールが送られてくるのは、GMOとくとくBBを契約したときに登録したメールアドレスになるので注意が必要です。

GMOとくとくBBのキャッシュバック案内通知というのは、こちらがただ待っているだけではだめで、メールを見に行く必要があるということです。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

キャッシュバック申請は期限があって、メールが到着した翌月の末日までとなっております。経過してしまうともらえないので注意しましょう。

ドコモ光のプロバイダを変更するには?

ドコモ光のプロバイダ変更方法や費用を確認しておきましょう。

もし自分の自宅にドコモ光のプロバイダが合っていないと判断したら次の手順で変更ができます。

1,カスタマーサービスやショップに問い合わせる

2,書類が送られてくる

プロバイダの変更から手続きまで1週間くらいかかりますが、自分の希望があるのであれば、いついつに変更して欲しいという希望を出すこともできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

お客様センターが混み合っていてつながらないときは、ネットから予約するという手もあります。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光の一番得するプロバイダの選び方とは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

そもそも、ドコモ光は契約するプロバイダによってキャンペーンや回線速度や安定性などが違ってきます。

星の数ほどあるプロバイダの中で確実に受け取りやすいキャッシュバックがあり、回線速度も安定しているのが「GMOとくとくBB」で、当サイトが一番おすすめしているプロバイダです。

当サイトでは光回線のプロバイダを知り尽くした管理人の私が、あらゆる視点から徹底比較した最強のプロバイダを厳選しています!

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

プロバイダ選びで最重要なポイント

自分が一番満足できるようなプロバイダを厳選するために見極めるコツを解説していきたいと思います。

ですが、このコツなどを解説する前に、まずはプロバイダの基礎知識について身につけておきましょう。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

プロバイダは光回線とセットになっているものがほとんどとなっていますが、プランによっては別々で契約できるものもあります。

最近になってプロバイダのキャンペーンが手厚くなっていて、月額割引や高額キャッシュバックやゲーム機プレゼントなど多彩な特典が用意されています。

ドコモ光を契約するときにセットで申し込めるプロバイダにはいくつかあって、有名どころでいうと、GMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、などがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 現金の高額キャッシュバック

ドコモ光のサイトやショップなどではなくて、プロバイダのキャンペーンサイトからドコモ光を契約することによって、いろいろな特典を受け取ることができます。

一番高額のキャッシュバックを受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要なところのキャンペーンを受け取れば最高額を手に入れることができます。

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すれば、星の数ほどあるプロバイダの中でも最高額の2万円がもらえます。

ポイント2 基本料金が安いかどうか

ドコモ光のプロバイダは自分で選べるのですが、毎月の支払金額は3つのタイプにわかれていますが、Aタイプを選びましょう。

タイプAの方が安いからなんか質が悪いんじゃないかと勘ぐりたくなってしまいますが、実はこれはプロバイダとドコモとの契約料の違いなので、質自体には何の違いもありません。

ちなみに、単独タイプと呼ばれているプロバイダとセットじゃないプランでは、基本料金が安くなっていますが、プロバイダを自分で探す必要があるので別契約になり高くなってしまいます。

ポイント3 ルーターを無料でレンタル

プロバイダの中には、光回線を快適に楽しむためのルーター端末を無償でレンタルしているところもたくさんあります。

光回線をルーターに接続すると、家の中ならどこでもネットに接続することができるので、無料で端末を貸し出しているところを選択しましょう。

ドコモ光のプロバイダの中には、高機能なルーターを無料で貸し出しているところもあるので、端末をすでに持っているという人も、このタイミングで新しくしてみるのもいいのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティのサービス

プロバイダによっては無料のオプションとしてセキュリティソフトを無料で使わせてくれるところもあります。

無料でウイルスソフトが使えるのは1,2年くらいとなっていて、パソコンやスマホを安全に光回線に接続できる無料レンタルに対応しているプロバイダを選びましょう。

ポイント5 回線のスピードと安定度

ドコモ光は最大の速度が1Gbpsといわれていますが、プロバイダ如何によって半分以下になってしまうこともあります。

そもそもネット環境というのは、その地域ごとに基地局がありますが、エリアごとにプロバイダの設備があります。

なお、エリアごとに設置された利用者が多いほど混雑して回線が不安定になったりします。

混雑を回避する方法としては、v6プラスの接続方式をとっているプロバイダを使えばいいでしょう。

v6プラスという接続ならアクセスポイントが集中する箇所が発生しにくいので、回線がいつでも快適なハイスピード状態を保っていられるということになります。

ここまでで、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツをすべて解説してきましたが、すべて満たしている当サイトイチオシのプロバイダが「GMOとくとくBB」なので、ぜひ検討してみてください!

最強に得するプロバイダはこれしかない

実際のところドコモ光が一番お得になるプロバイダがどこなのかを検証してみました。

v6プラスというのは、プロバイダの接続方式で、最新の接続技術なので高速で混雑しないようになっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスの接続をしているプロバイダの口コミで遅くなったという口コミを見かけたことがないくらいの快適性となっております。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上の一覧表にあるように、GMOとくとくBBなどは2万円もの最高額の現金バックをしていて、他の面から見ても文句なしのスペックを誇っています。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

なのでクオリティーがナンバーワンに高いプロバイダなのですが、端末がハイクオリティーなので最高速度が非常に速いということです。

どれくらい高速なのかを表すために、GMOとくとくBB以外の端末と比較してみたのが下記の一覧表になります。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

上記の一覧表を見てみると、GMOとくとくBBでもらえる端末が他の端末を引き離していますね。

それぞれのルーターで2つの帯域を使えますが、それぞれの帯域で最高速度が違って、最高速度の違いで店頭価格が違ってきます。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最高速度を誇る端末を無料でレンタルできるので、GMOとくとくBBは他のプロバイダよりも圧倒的に優秀だといえるでしょう。

キャンペーンや実質月額面でもナンバーワンですが、こういったところでもダントツですごいGMOとくとくBBが最強のプロバイダだと思います!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、光回線を導入する場合はとにかく最強クラスにおすすめです。

GMOとくとくBBは光回線の本契約のみで2万円のキャッシュバックがもらえて、さらに次のようなキャンペーンもついています。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

これらのような特典が無料でたくさんもらえるので、これから光回線を安心して快適に使えると思います。

たとえば、ドコモ光を公式サイトから申し込んだらほとんどなにももらえませんが、プロバイダ経由で申し込むだけで、数万円のキャッシュバックがもらえますし、その他のいろいろな無料オプションが付いてきます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

たとえば、ドコモ光の何の特典もないところから契約した場合は実質的な月額が4300円くらいですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックで差し引いたら3800円くらいと、かなり安くなります。

上記のようにGMOとくとくBBなら実質的な月額料金が業界最高峰に安くなって、無料のオプションサービスなどもありますが、最大のメリットは通信速度が安定していて速いというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、高速で混雑なく使えるv6プラスの接続ができて、最高速度が段違いな端末を無償でレンタルしてくれて、圧倒的にダントツでおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBの場合は回線速度が安定していて高速だという口コミがネット上に多く散見されていて信頼感も抜群です。

プロバイダだけを変えたいときは?

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

この項目では、ドコモ光のプロバイダを変更手順について詳細について解説していきたいと思います。

プロバイダを変更する時の料金

ドコモ光でプロバイダを変えるときは、次のような費用がかかるようになっています。

ドコモに支払うプロバイダ変更に伴う事務手数料が3300円、プロバイダの違約金などです。

なお、単独タイプからタイプAまたはBへの変更は事務手数料がかかりません。

プロバイダの基本的なサービスの解約はドコモ光が代わりにやってくれます。

しかし、オプションの解約などについては、ご自身でプロバイダに連絡をして解約をする必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本的なことであれば、次のような手順を使えばプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダ変更手順というのは、カスタマーセンターへ連絡してショップに行くという手順になります。

ですが、プロバイダのオプションに加入しているときは、自分からプロバイダに連絡する必要があります。

プロバイダへの連絡が追加で必要かどうかはドコモ光に確認してみましょう。

プロバイダ変更にメリットはあるのか?

プロバイダの変更は事務手数料が3300円と少額のコストでまかなえるため、現在使っているプロバイダに不満な点があれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

ドコモ光のプロバイダを乗り換えようと思っている人のほとんどは、回線速度が遅かったり、急に遅くなったりというストレスを持っていると思います。

そういったときは、GMOとくとくBBなどの最新の接続技術を確立しているプロバイダがとくにおすすめです。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

プロバイダがやっている割引キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンにくわえて、ドコモ光自体でも公式としてやっているキャンペーンが以下になるので、ぜひダブルで特典を受け取りましょう。

ドコモ光公式サイトがやっているキャンペーンというのは、セット割りと工事費無料キャンペーンになります。一つずつ解説していきたいと思います。

ドコモスマホ利用なら割引できる

まず一つ目にドコモ光のセット割りというものがありますが、これは大変お得な割引キャンペーンとなっていて、ドコモの携帯をもっていると、1100円以上割引になるというものです。

たとえば、家族3人暮らしで、全員がドコモのスマホを契約しているとしたら、次のような月額料金になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

上記のように、家族みんながドコモユーザーだったら、ドコモ光を導入したらかなりお得になることが一目瞭然ですね。

工事費用が無料になる

ドコモ光は、新規に光回線を導入するご家庭の人向けに、工事費が無料になるというキャンペーンがあります。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

なので、ドコモ光を新規に契約して、申し込みから7ヶ月いないに利用を開始すると、2万円くらいの工事費が無料になる計算です。

ですが、NTT回線を現時点で利用している人は、キャンペーンを使わなくても、工事費無料で使用することができます。

ドコモ光の質問など

ここまではドコモ光の回線についての仕組みや、お得なプロバイダなどについて解説してきましたが、最後によくある質問をまとめてみたので、是非ご覧ください。

ドコモ光でゲームに適したプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

とくに通信速度の評判が最高クラスで、割引キャンペーンなども豊富で、高機能なWi-Fiルーター端末を提供している「GMOとくとくBB」が当サイトで一番おすすめのプロバイダとなっております!

v6プラスの接続方式を採用しているプロバイダなら、アクセスが集中しにくい接続なので、快適な光回線インターネットライフを過ごせると思います。

引っ越しするときはプロバイダへの連絡も必要ですか?

ドコモ光のネットを移転させるためには、プロバイダに個別に連絡を入れる必要はなくて、ドコモ光のカスタマーセンターから手続きをすることができます。

なお、ドコモの公式から移転手続きをすると、ドコモの専用ポイントがもらえるので、お得になりますよね。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光のサービスに地デジやBSなどは含まれますか?

ドコモ光のテレビオプションというオプションをつけると、テレビのアンテナを設置せずにBS放送や地デジを見ることができます。4Kにももちろん対応しています。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

NTTのひかり電話をドコモ光の電話に転用する場合の手続き

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

また他にも、ドコモ光と光電話を同時に契約したときには、工事費用は無料になります。

契約後にプロバイダだけの変更はできますか?

もちろん、ドコモ光を契約したあともプロバイダの変更はできるようになっています。プロバイダの変更はカスタマーセンターから行いましょう。

ですが、プロバイダの変更には事務手数料約3000円がかかります。プロバイダの違いによってドコモ光自体の基本料金も変わったりするので注意しましょう。

すでに光回線があれば工事不要

工事なしでドコモ光を開通させるためには、次のような理由で新しく光ファイバーを引き込まなくてもよくて、ドコモ光が活用できるパターンです。

フレッツやソフトバンクなどからドコモ光へ引っ越しをするときは、光回線がすでに自宅に導入されているので、工事をする必要がそもそもありません。

こういったパターンの場合には、既存の光ファイバーを活用して、すぐにでもドコモ光を開通させることが可能です。

派遣なしで工事を完了する場合でも、手数料として2200円が必要になるので注意しましょう。